赤ちゃんが産まれたら雑誌モデルとかに挑戦してみたい

現代はPCやスマホは1人に一台。コンタクトも購入が簡単になりそのせいで目を酷使して、目のトラブルは増加しています。

 

 

 

デスクワークで酷使した目は60分に1度は10分間目を休めたり、温かいアイマスクを使用する事で楽になります。

 

スマホ画面から出る光は脳を覚醒させるので就寝前は目が覚めてねむりにくくなるのです。

 

 

空いた時間に目のストレッチも効果的です。長時間スマホの画面を見続けたり読書をしていると、眼精疲労になってしまいます。

 

そのような場合、私は目の周りのツボを押してます。10回程度押した後は、しばらくの間目をつむります。そうすると疲れた目が、かなり回復してくれます。さらに、意識して瞬きの回数を増やします。

ドライアイの予防になるほか、視力や目を守るための予防になっています。私が眼精疲労と感じるときはPCを長時間使っていた時や、長時間のパチンコをした時です。

 

 

 

パチンコをやっていた時です。

 

 

派手な光が多いパチンコではてきめんです。した後は目がとても疲れます。

 

コンタクトの影響で、乾燥も関係していと思います。

 

 

 

そんな時は目薬を差すようにしています。

そんなに効ないと思うけど、目には潤いが必要です。肩甲骨周りのストレッチは大事です。

近眼の上、仕事でよくパソコンを使いますので目の疲れを感じやすい方です。

眼精疲労を回復させるために、ホットタオルをまぶたに乗せて温める、遠いところに視線を向ける、眼球を上下左右に動かす運動も効果があります。

 

また、目の疲れだけが眼精疲労に繋がっているということではなく、姿勢の悪さで身体が歪みを起こしていたり肩こりにも関連するため、目だけではなく体全体の運動をして血流を良くする方が効果があります。

 

全身のバランスを整える気持ちで行うとが大切なのです。

 

現代という時代は、目を使いすぎています。

 

 

パソコンやスマホ画面が発しているブルーライトは目の健康に非常に悪影響をもたらします。しかし今の時代これらは日常の生活にとって必需品となっています。

では目の健康を維持するにはどうすればいいでしょうか。

 

まず悪影響を及ぼすものから目を守る事です。それにはブルーライト軽減メガネを使用する方法があります。

 

また眼精疲労を抜いてあげることも大事ですお手軽な方法としては、蒸しタオルなどで目を温めて血流を促進し目の疲れを取ることができます。

 

小学生だった子供にさせていた事ですが、ゲームのやった後に遠くの景色を見る事です。

 

 

ただ単に遠くの景色を見るのではなく緑の木を集中して見るようにします。ゲームによって長時間近くになっていたその後に遠くの景色を見ることで目の焦点を遠くにずらし、目の周りの筋肉をほぐして疲労を取ります。

 

時間は5~10分くらいです。木の自然な緑は目の疲労を取ります。このように疲れを取ることで視力を保っていました。

 

 

今やネットやドラッグストアで簡単にコンタクトを手に入れることができる時代です。

 

その為間違った使用方法によって眼病にかかる人が増えていますね。長い時間パソコンやスマートフォンを使用で、眼精疲労やドライアイの方も急に増えてきました。

近くのものばかりを凝視すると筋肉がこわばってしまい近視の原因ともなります。

 

1時間に10分程度は目を休め、目のストレッチで血液の流れを改善すると緩和されますよ!可能ならホットタオルを目に当てるのも効果が高いです。私はトラックのドライバーをしているのですが、明らかに20代の時の目の見え方と今では全然違います。

 

 

 

20代の頃は遠方の看板なども見ることができましたが、今では遠くの看板はボヤけて見えてずいぶん近づいて来ないと見えないようになりました。

そのため、運転中は目の疲労を感じます。目の疲労対策としては、休憩時間や荷物を待っている時間などを活用して、市販の目が温まるようなアイマスクを使用しています。これが目の疲労に効果があり心地良くなります。

 

 

 

目の健康について、現代人は非常に気をつけなければならない状況になっていると思います。

 

理由は、スマフォ中毒になっている人が、非常に多いからです、しかも無意識のうちにです。

 

現代人は当たり前のようにスマフォを手にしていて、自覚症状がなく、目がますます悪化しています。

 

 

 

また、今は昔より自然も少なくパソコンやスマホの画面に目を向ける機会が増えたので、当然目は悪くなるばかりです。目が見えないというのはすごく最悪なことですが知人に白内障の患者がいます。

 

 

私自身もはさみか何か落ちて来て目を切って眼帯をしばらくつけた経験があります。そんな以前のようにはなりたくないので普段から気をつける必要があります。危険なものを上に置かない、安全な置き方をする、目が疲れる前に気分することもいいですね。
赤ちゃんモデル一般公募情報まとめサイト